不動産売却時にかかる税金

不動産の売却時に発生する可能性のある税金は、所得税と住民税です。 これらは、一戸建てやマンションを取得した際の購入金額よりも、売却時の金額が高くなり、売却益が発生した場合に課税されます。実際には売却益が発生していなくても、確定申告に際して購入時の価格を証明する書類が必要になる場合がありますので、注意が必要です。

自宅の売却時に税金が発生するケースは少ない

自宅の売却

自宅の売却時に、もし売却益が発生してしまった場合でも、3,000万円特別控除が受けられます。これは、自宅の売却時には、売却益から3,000万円を控除できる、という特例です。 つまり、3,000万円以上値上がりした場合でないと税金は発生しません。

また、自宅を売却して買い替えを行う場合、売却する自宅の所有期間が10年以上である場合、買換特例として、新しい家の購入金額を売却益から控除できる、というものです。つまり、今までの家の売却益より、購入する家の代金が高い場合には税金が発生しません。

これらの特例は、全ての例で適用されるわけではありませんので、詳しくは税務署に相談することをおすすめします。

譲渡所得(売却益)の計算方法

譲渡所得 = 売却時の金額 - (取得時の金額+譲渡費用)と計算します。

課税譲渡所得(課税対象の売却益)の計算

課税譲渡所得 = 譲渡益 - 特別控除額 と計算します。
特別控除額は、自宅の売却の場合には3,000万円です。

チェックポイント

  • 不動産売却時に発生する仲介手数料、税金、諸費用を事前に正しく把握しましょう。
  • 所得税・住民税は控除により減額される場合があります。
あなたの不動産、売ったらいくら?
高く売るなら、複数の不動産会社に査定依頼!
  • step01
  • step02
  • step03

[協力:プラスワン]

ページの先頭へ